子どもの矯正

前歯が生え変わる頃から始められる矯正があります。

子どもが嫌がる歯科医院であるにもかかわらず、しばしば子どもたちが院内で楽しく笑う姿を目にすることがあります。一般歯科のように削ることや強い痛みを伴う治療を行わない矯正治療だからこそかもしれませんが、現在多くのお子様が楽しく通院中です。
お子様の矯正でも大人の矯正であっても治療の目的は一緒です。

早期治療のメリット

  • その1 悪くなってから治すのではなく、悪くなる前に治療する
  • その2 その結果、後戻りが少なく、安定した噛みあわせとなります
  • その3 むし歯を作りやすい時期に定期的な通院でお子様のお口を守れる

子どもの矯正に適した時期とは?

子供の矯正に適した時期とは?

子どもの矯正の場合1期治療と2期治療に分けて行われますが、1期治療は乳歯が生え揃う時期~生え替わるまでが子どもの治療を始めるのに適しています。目安として前歯が生え変わるころからご相談に来ていただくのがよいと考えております。

2期治療に入る時期は個人差もありますし、男女でも違います。こちらで適した時に説明いたします。(1期治療で終了する患者様もいます)
子どもの矯正と大人の矯正が大きく異なる点は、お子様の成長を利用する点。

「将来の子どもの歯並びが気になる」
「矯正した方が良いの?」
こんな疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

治療年齢の目安

1期治療(骨格矯正)…6歳頃から14歳頃(歯が永久歯に生え替わるまで)
2期治療(歯列矯正)…10歳頃から成人まで

子どもの矯正の一般的な流れ

  • 相談

    相談

    お子様がまだ治療の内容を理解できない年齢の場合、特にご家族の方の協力は必要不可欠です。
    治療にお子様本人が協力的になってもらうためにも、ご家族の方たちにまずは治療の流れや費用・疑問についてご理解していただきます。

    無料カウンセリングのご予約はこちら

  • 検査

    検査

    デジタルレントゲンによる撮影や、写真や模型の採取など口腔内のチェックなどを行います。デジタルレントゲンは通常のレントゲンと比較すると非常に被爆量が少ないため、皆様に安心して検査を受けていただくことが可能。
    検査後、詳細な治療方針を決定いたします。

  • 診断

    検査により導き出された治療方針を、ご家族の方を交えて詳しくご説明いたします。
    お子様の矯正治療ということでご自身の治療より不安を感じる方も多くいらっしゃいますので、納得いただけるまで治療は開始いたしません。疑問や不安があれば、どんなことでもご相談ください。

  • 治療開始

    治療開始

    治療方針に納得いただければ、矯正治療を開始いたします。矯正器具装着中はむし歯のリスクがどうしても高まるため、ブラッシング指導やフッ素塗布などによるメンテナンスもしっかりと行います。
    また、痛みや何かしらのアクシデントが発生した際は、無料にて対処いたしますのでご安心ください。

  • 定期検診(保定)

    矯正装置を外した後、保定を行わないとせっかく治した歯並びが悪くなってしまうため、一定期間保定装置を装着していただきます。
    噛み合わせの調整やブラッシングのチェックなども行うため、必ずご来院いただきます。3ヶ月毎の来院になります。

ご予約・お問合せはお気軽に

  • 03-3993-8817
  • 何でもお気軽にご相談ください 無料カウンセリング予約

江古田で歯並びが気になる方へ歯列矯正を行う、むさしの矯正歯科医院へ

pagetop